ここにいる。それだけが、唯一のたしかなこと。

2020年国内外映画祭出品予定

あの頃 自分のことも 他人のことも
わかっていることは ひとつもなかった

天谷 一真、25歳。霞と結婚し、忙しい日々を過ごしていた。
ある雨の日の夜、一真の電話が鳴る。
「・・・私ね、出産するの」
電話の相手は高校時代の元恋人、雨宮 澪だった。
卒業以来一度も連絡をとっていない澪の唐突な言葉に混乱する一真。
わすれかけていた記憶が脳裏をかけめぐる。
あの頃、一真、澪、裕二、ゆかり、4人が、そこにいたことを ─ 。

久しぶりの声は耳に、頭に入ってこなかった
伝える?伝えなきゃ?伝えたい?わからない
二人でいられることが正しいのかわからない
うざいとか、ムカつくとか、そんなんじゃなくて
潔く聞かれたらなんだか心地よかった
嘘ついた。笑えた。大丈夫だ
顔を見れないままうなづいた
開けた。閉めた。…開けたよ、閉めたよ、
お互い情けないことが少し嬉しかった
後悔する気持ちでこの扉は開いちゃいけないそれだけは強く思った

予告編

監督・原作・脚本

桜屋敷知直

人々が生きていく過程で、さまざまな事情・人との出会い、
そこでうまれる、言葉や感情があると思います。
そのなかで、根本にある大切で確かなことというのは、
その人たちが「そこに居ること」なのかなと、私は考えています。
分かり合える誰か、分かり合えない誰か。
いろいろあるけれど、
その時に、そこに居る誰かというのはある意味運命なのかなと。
この映画は、人がそこに居ること、在ること、
そんな当たり前のことを大切に描いた映画です。
この映画を観てくれた方達に、
感動や衝撃を伝えたいという想いが強くあるわけではありません。
ただ観たあとにご自身の内側で何か、曖昧でも、確固たるものでも、
考えてもらえたらこれ以上幸せなことはないです。

キャスト

田村杏太郎
石川瑠華 武内おと 武内祐士
あわつまい 野田孝之輔 藤井円 飯田芳 白峰ゆき菜
前川桃子 其山実佑紀 濵田愛子 愛原亜希 市田厚

スタッフ

監督・原作・脚本 桜屋敷知直
プロデューサー 鈴木啓容
撮影 岩渕隆斗
録音 辻貴文
美術 加賀谷静
音楽 日山 豪
衣装 丸実商店
ヘアメイク 隈崎晋哉
スチール shuntaro / 林 裕介 (bird and insect ltd.)
グラフィックデザイン 大木陽平(side inc.)
WEBデザイン 加嶋大輝 竹内一矢

クラウドファンディング実施中!

映画『雨とひかり』WEBサイトをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
現在、映画『雨とひかり』は、
より完成度を高める事を目的とした、
追加撮影費用のクラウドファンディングを実施しております。
ご協力いただけましたら幸いでございます。
掲載WEBサイトでは、特報映像もご覧いただけます。
掲載WEBサイト:https://motion-gallery.net/projects/ame-to-hikari
実施期間:11月7日(木)〜11月29日(金)
また、進捗などの情報につきましては、
Twitterにて随時発信してまいりますので、こちらもご覧くださいませ。

©2019「雨とひかり」製作委員会